Recruit Information採用情報

Voices先輩の声

施設土木事業部 殿山 弘樹(とのやま ひろき)
平成7年4月入社

あまり規律やマニュアルに縛られない、柔軟な社風が魅力です。

仕事内容について

工事現場の責任者である工事長として、施工管理業務を行っています。現場では協力会社の職人さんへの作業指示や、安全管理、工程管理、元請の方との打合せなど、さまざまな仕事をしています。時には職人さんと一緒になって施工もします。やり甲斐を感じるときは、自分が携わった現場を道路開通後に通った時ですね。自分の仕事が社会の役に立っていることを実感できるので、「大変なこともあったけど、頑張って良かったな」と思えます。

今後の目標

積算と営業をできるようになることが、今の目標です。
そして、もっと新しい仕事にチャレンジし続け、今よりもさらに大きな仕事がしたいと思っています。

北栄電設を選んだ理由

高速道路の仕事を日本全国で遂行しているという点です。ひとつの現場が終わった時には、自分の関わった商品が目に見える形で残り続け、多くの人の役に立つ。そんな公共性に魅力を感じ、入社を決めました。

北栄電設の魅力

あまり規律やマニュアルに縛られない、柔軟な社風が魅力です。特に現場においてはほとんどのことが工事長に任されているため、仕事の進め方や休日の取り方なども自由にさせてもらっています。また、人間関係がざっくばらんなところも好きですね。もちろん最低限の礼儀は必要ですが、先輩後輩問わず本音で話せる雰囲気があります。

電設事業部 藤田 洋平(ふじた ようへい)
平成25年4月入社

先輩たちとも直球で話ができます。
仕事も飲み会も常に一球入魂です。

仕事内容について

高速道路の照明や情報板、非常電話等の設置や撤去を行うとともに、それに伴うケーブルの敷設や接続も行っています。自分に任された作業に関しては、すべてにやり甲斐を感じています。また、自分に任された作業に対して、どうしたら効率よくできるかを考え実行し、うまくいった時にさらなるやり甲斐と喜びを感じます。高速道路が完成した後、自分の車で走った時に、自分の施工した箇所が満足のいく仕上がりだと改めて感じられた時が特に嬉しいですね。

今後の目標

今の課題は、職人としての技術力向上と、現場の動きや流れをいち早く感じて先に先に行動していく地力を鍛えることです。管理業務から職人までオールマイティに仕事をこなせる技術力の高さが北栄電設の特徴だと思いますので、そのような技術を持った先輩たちに早く追いつけるよう努力していきます。その一端として資格取得にも力を入れていきたいです。

北栄電設を選んだ理由

昔から電気を扱う仕事に憧れがあり、初めは「町の電気屋さん」という考えもありましたが、次第に大きなことがしたいと考えるようになりました。そんな時に当社のことを知り、日本経済と国民生活に必要不可欠な高速道路の電気や通信に携わるといった重要な工事をしていることに大変興味が湧いたんです。入社の決め手は、社長との面談の際に会社と仕事へのプライドと誇りが感じられたことです。

北栄電設の魅力

とにかく、“任せる”社風です。若いうちから色々な仕事を任せてもらえます。そして1度任せたら自由にやらせてくれるところが北栄電設の魅力であり、それが1番のやり甲斐になっていると思います。また、正直でストレートな人が多いように感じます。みんなハッキリしている分、風通しが良いですね。先輩たちとも直球で話ができます。仕事も飲み会も常に一球入魂です。

経営管理部 高畑 裕子(たかはた ひろこ)
平成6年4月入社

担当外の仕事内容にもアンテナを立てて、部署全体を理解できるよう努めていきたいと思っています。

仕事内容について

経理関係から、車両関係管理、備品発注、来客応対、雑務まで、幅広く事務作業を行っています。今は、私が担当する経理事務作業の効率化に力を注いでいるので、その作業を遅滞なく進めることができ、総務全体の1ヶ月の仕事の流れがスムーズに進んだ時にやり甲斐や喜びを感じますね。また、円滑なコミュニケーションのためにも、話術が上手になりたいなと思っています。

今後の目標

これからは、担当外の仕事内容にもアンテナを立てて、部署全体を理解できるよう努めていきたいと思っています。そうすることで、代役を任せてもらえるようになりたいですね。

北栄電設を選んだ理由

高校・短大時代、毎日本社の前を自転車で通っていました。よく朝礼の風景を見て「とても活気のある会社だな」と感じていましたね。入社を決めたのは、事務職に応募し面接を受けた際、皆さんが家族のように温かく接してくれるアットホームな雰囲気に惹かれたからです。

北栄電設の魅力

社長が「社員はかけがえのない企業の財産である」と考えてくださっているところが、当社の魅力だと思っています。